YouTube・話題

なえなのがあざとくて苦手?嫌われる3つの理由!かわいいけど性格悪い?

SNSから人気に火がつき、インフルエンサー・タレント・モデルとして活動しているなえなのさん。

昨年はスタイルブックが発売されたり、雑誌の表紙を飾ったりと活躍の場を広げています。

2021年2月からの『恋とオオカミには騙されない』のメンバーにも抜擢され、勢いに乗っているなえなのさんですが、SNSでは「あざとい」「苦手」「嫌い」というコメントも目立ちますね。

そこで、SNSでの反応や、かわいいけど無理・性格悪いといわれる理由を3つ紹介します。

なえなのがあざとくて苦手?かわいいけど性格悪い?

嫌われる3つの理由とは?

なえなのがあざとくて苦手?かわいいけど性格悪い?

なえなのさんはSNSの総フォロワー数が500万以上という人気ぶりです。

しかしそんななえなのさんのことを「嫌い」という声も少なくありません。

特に、「あざとい」「性格悪い」というコメントが目立ちます。

「嫌い」と言われているその理由を具体的に見ていきましょう。

なえなのが嫌われる3つの理由!

なえなのさんが「嫌い」と言われる3つの理由を説明します。
①あざとい
②かわいい
③性格が悪い・過去に炎上している

①あざとい

なえなのさんは「あざとい」との声が多いですね。

「あざとい」は計算高いとか、ずる賢い、ぶりっこ、モテそう・・・などのニュアンスがある言葉。

あざといと言われる女性は上目遣いをしたり、アヒル口をしたり、つい見入ってしまうような仕草を計算で、しかも自然とできてしまいます。

見る方も、それが計算とわかっていても「かわいい」と感じてしまう。

なえなのさんはおしゃべりがゆっくりですが、その舌っ足らずな喋り方も、「かわいい」「守ってあげたい」という本能をくすぐるのでしょうね。

 

なえなのさんはもともと話し方が遅いと言っているので、この舌っ足らずな喋り方が計算ではないにせよ、モテそうというところからあざといと言われるのでしょう。

あざといということは計算高いということですが、自分を研究して自分の強みをわかっていないとできないことです。

 

有名人では田中みな実さん・石原さとみさん・弘中綾香さん・吉岡里帆さんも「あざとい」と言われながらも大ブレイクしました。

田中みな実さんは過去には「あざとい」「男性受けを意識している」などと言われバッシングされることもありましたが、美に対するストイックさやあざといと言われることまでも武器にして生きている姿勢から、現在ではしっかりと同性の支持も得ています。

なえなのさんも、同性の支持者は多いですので、あざとさを極めれば印象が変わるかもしれませんね。

②かわいい

「今日本の女の子が1番なりたい顔」というなえなのさんですから、可愛らしさは言うまでもありませんよね。

透明感があって、表情もクルクル変わってつい見入ってしまいます。

TikTokの動きやYouTubeで見せる仕草も可愛らしいですね。

 

ただ、SNSではかわいいから嫌いという声もありました。

男性がそのかわいさに夢中になってしまうから・・・そんな感じでしょうか。

また、なえなのさんをタイプだという男性が苦手との声が結構ありました。

「なえなの=かわいい」というイメージが定着して、「なえなの好きな男性=面食い」からの「なえなの嫌い」という構図でしょうか。

そして、そんな女心を察して高感度を上げようとする男性もいるのですね!

 

YouTubeを見ていてもゆるーい雰囲気のなえなのさんですが、実はかわいさをキープする努力を怠らないそうです。

高校を卒業後にダイエットで9キロ体重を落としました。

また、メイク動画を投稿したり、どう見せるか研究を重ねているんです。

かわいさだけで人気が爆発したわけではないんですね。

そのかわいさが、良くも悪くも注目されています。

③性格が悪い・過去に炎上している

なえなのさんは性格が悪いとの声もあります。

現在は削除されていますが、2016年頃になえなのさんがツイートした内容が問題になりました。

悪口や、中傷ですね。

そのツイートを何事もなかったかのように削除したこともまた指摘されました。

↓Twitterの内容やツイ消しについてはこちらにまとめています

なえなのが炎上したTwitterの内容は?ツイ消しに過去の暴言がヤバい!SNSでのインフルエンサー・タレント・モデルとして活動しているなえなのさん。 TikTokやYouTubeなどのSNSの総フォロワ...

 

中指を立てた動画も。

ちょっとふざけただけとしても、多くの人に影響を与えるインフルエンサーです。

悪いところもすぐに広まってしまいますね。

 

なえなのさんは昨年、女性用ファッション雑誌「LARME」の表紙を飾っています。

しかし、そのことでもちょっとした問題になりました。

「LARME」は2012年に創刊、10代後半から20代の女性がターゲットの「甘くて、かわいい 女の子のファッション絵本。」をコンセプトにした隔月刊誌で、昨年3月に休刊となっています。

そして9月に新生「LARME」として復刊、その表紙を飾ったのがなえなのさんだったのですが、「LARME」読者からは不満の声が上がりました。

なえなのさんのナチュラルなイメージでは、「LARME」の世界観に合わない、というもの。

また、過去に差別的発言や中傷などで炎上したなえなのを、記念すべき復刊号に起用するのが信じられない!といった意見も。

なえなのさんは8月に過去のツイートでの発言に対し謝罪していますが、それだけでは収まらず、非難の矛先は雑誌の編集部にまで及びました。

なえなのは過去に自身のTwitterで、障害者差別と取れるような発言をしたり、子役の寺田心への誹謗中傷を投稿し、炎上しているんです。ネット上ではこれらの投稿がたびたび掘り返されており、なえなのは8月25日に『私の過去の色々なツイートについて、本当に恥ずかしく、失礼な、人を傷つける発言だったと感じる』などと、反省と謝罪をつづった文章をTwitterに投稿。この時、なえなののファンからは『間違いは誰にでもあるよ、気にしないで!』『これから頑張ればいいと思う!』と応援のコメントが飛んでいましたが、『インフルエンサーのくせに、発言の影響力がわからないのは問題』『今さら謝られても……本心じゃないのがよくわかる』といった声もあり、賛否両論でした」
引用:2020年9月25日サイゾーウーマン

なえなのさんに対する批判が高まっていたタイミングも重なり、さらに注目され、新生「LARME」はバカ売れ。

前号と比較して3倍以上の売り上げをあげ、炎上商法とも言われました。

過去の発言に対し謝罪はしていますが、悪いイメージは残ったままです。

まとめ

なえなのさんが「嫌い」と言われる3つの理由を解説しました。

①あざとい。喋り方や仕草など。自分のかわいさをよくわかっている。

②かわいい。かわいいから嫌いという人も。

③性格が悪い・過去に炎上している。誹謗中傷するツイートやツイ消しで問題になった。

あざといとわかっていながらその魅力には勝てない、むしろあざといところが好き、尊敬する!という方もいますね。

「嫌い」「苦手」と言われるのも注目されている証拠。

これからの言動・行動にも注目が集まること必至ですね。